【結婚式二次会】幹事様必見!失敗しない会場選びとは…!?

【結婚式二次会】幹事様必見!失敗しない会場選びとは…!?

気になる結婚式二次会会場の選び方や決定の時期、そして細かいチェックポイントまで!
幹事様必見の失敗しない会場の選び方がこちら!

早めの行動が肝心!会場の検討から決定まで

結婚式が多く行われる季節(春・秋)やお日柄(大安・友引/休日)、そして宴会やパーティーが多く行われるクリスマス・忘年会・新年会のシーズンは、早くから予約が埋まってしまうことが多く、人気の会場をおさえることが難しい場合があるので、早い段階から下見をしておくことが大切です。
また、下見を早めに行っても、先約が入って決定が先延ばしになる場合がありますので、下見から1週間以内には会場の決定をしましょう。

検討時期:約4~5カ月前
決定時期:約3~4カ月前

どんな会場で行う?

二次会の会場選びは何を一番重視したいかを考えることが大切です。
二次会は披露宴とは異なり、友人を中心としたパーティーとなるケースが多いため結婚式場を選ぶのとはまた違った視点から考える必要があります。

オススメの会場

  • おいしい料理を楽しみたい方には…レストラン
  • プライベート空間を演出したい方には…カフェ・バー
  • オシャレ感を重視したい方には…バー・クラブハウス・パーティスペース
  • 思いっきり盛り上がりたい方には…クラブ・居酒屋
  • 移動時間を省きたい方には…披露宴を行ったホテル・式場

One Point!

最近では同じ会場の中で披露宴と二次会のバンケットを変えるというパターンも人気です。

会場選びで最も重視されているのは“場所”

二次会へ参加されるゲスト様の中には、披露宴会場から引き続き参加される方と、二次会から参加する方の2パターンがあります。
どちらの方々にとっても、移動しやすく、足を運びやすい場所を選ぶことが最も重要です。もちろん、主役である新郎新婦様も同じです。
新郎新婦様の会場入りが遅れ、二次会の開始時間が押してしまうということもありますので余裕をもって移動ができるように披露宴会場からのアクセスと公共交通機関の使いやすさなどを考慮して会場を決めましょう。

会場を下見する際に確認しておきたいこと

二次会会場の候補をリストアップでき次第、お店に問い合わせをして、下見の予約を取りましょう。
候補がたくさんある場合、他のお店と比較をする際の材料となるので出来るだけ細かいところまで確認しておくと良いでしょう。
お店の方とコミュニケーションを取りながら、どのくらいまで要望を叶えていただけるかなど話し合うことも大切なので、下見は必ず行いましょう。

ここが重要!会場選びチェックポイント!

会場について

  1. 希望の日時に対応できるか
  2. 最大収容人数
  3. 貸切の可否
  4. レイアウト
  5. 参加人数とのバランス

料金について

  1. 予算
  2. プランの有無
  3. 特典の有無
  4. 支払方法

one point!

参加人数が予定より多かった場合の追加料金、逆に少なかった場合の料金はどうなるのかも確認しておきましょう。

料理・ドリンクについて

    【料理・飲み物】
  1. コースまたはビュッフェ形式か
  2. 内容、量
  3. 当日の急な追加に対応できるか
  4. 飲み物の種類
  5. 飲み放題または注文方式か

  6. 【その他】
  7. 着席または立食スタイルか
  8. 最終的な人数確定期限

one point!

一度、お客さんとして来店して試食してみるのがベストです。

設備について

  1. ステージの有無
  2. 受付テーブルの有無
  3. クロークの有無
  4. 控室の有無
  5. キッズルームの有無
  6. 幹事様の荷物の置き場の有無
  7. トイレの数

one point!

バッグやコート、披露宴の引き出物など、大きな荷物はクロークに預けられたほうが、参加者は安心して二次会を楽しめます。

クローク専用のスペースがなくても、荷物の置き場が確保できるのか確認しましょう。

利用時間について

  1. 準備のために幹事様が前もって入店できる時間
  2. お開き後の完全撤収の時間
  3. 延長の可否(延長料金)

場所・アクセスについて

  1. 披露宴会場から移動しやすいか
  2. 最寄駅はどこか
  3. 交通の便はよいか
  4. 駐車場の有無

持ち込みの可否について

  1. 花束
  2. 装花
  3. 景品
  4. ケーキ

one point!

食品以外の物に関しては前日までに搬入できるのがベストです。事前の搬入が可能であるか確認しましょう。

景品を購入したショップから会場に直接配送したい場合は会場側で対応をしてもらえるのか確認をしておきましょう。

禁止事項について

    【例】
  1. クラッカー
  2. シャボン玉
  3. キャンドル
  4. 楽器演奏
  5. 紙吹雪
  6. フラワーシャワー
  7. 撮影

one point!

上記の演出をNGとしている会場もあるので確認が必要です。

機材について【照明・音響・映像機材】

    【照明機材】
  1. スポットの有無
  2. 明暗の調節は可能か

  3. 【音響機材】
  4. BGMは流せるのか
  5. カラオケの有無
  6. マイクの使用は可能か
  7. マイクは何本あるのか

  8. 【映像機材】
  9. プロジェクターの有無
  10. 映像の再生方法(DVD・パソコンなど)

機材について【その他】

  1. 機材の操作はお店側か幹事様側か
  2. 各機材の使用料金について
  3. その他に借りられる機材はあるか

one point!

お店によっては機材を持ち込まなければいけない場合もあるので注意しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
二次会会場選びは、予約が埋まってしまう前に早めから動き、チェックポイントを慎重に調べることが成功へのガキとなりそうです。
また、事前に余興やゲームなども決めておく事もポイントの一つとなります。そうすることで、会場に問い合わせる事が絞られ、失敗なくスムーズに進むでしょう。
せっかくの結婚式。二次会まで最高の思い出にしたいですね。
обращайтесь

www.imr.net.ua

our company www.viagra-on.com