景品ならピアリー|結婚式二次会の服装マナー

結婚式二次会の服装マナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚式二次会の服装マナー

「結婚式ってどんな服装を着て行ったらいいの?」「どんな服装がNGなの?」いざ参加するとなると迷ってしまう方も多いと思います。 季節や場所、会場、スタイルによって変わってきますが二次会は披露宴ほどかしこまらず、普段着のようにカジュアル過ぎずドレッシーすぎない、いわゆる中間のコーディネートが好ましいと言えます。

お呼ばれした結婚式二次会のチェックポイントはココ!

挙式と披露宴は同じ日に行われるか

披露宴から続けて出席する場合は、かしこまった場からカジュアルに雰囲気が変わるため服装もそれに合うかどうかを考えることが大事です。着替えを持参するかもしくは上にカーディガンを羽織るなど、フォーマル感を控えると◎。振り袖や訪問着で結婚式に参列した場合は、そのまま二次会に参加しても大丈夫です。二次会からの参加の方も披露宴からの出席者も多数いらっしゃるので、その中で浮かない様な服装を心がけましょう。

会場はどのような場所か

結婚式場でそのまま行われるかしこまったフォーマルな場所やカフェ、レストランを貸し切って行われるセミフォーマルな場所、居酒屋やカラオケのパーティースペースで行われるカジュアルな場所によって服装のマナーが異なりますので場所に合わせた服装も大事ですので事前に調べておくといいでしょう。

会費はいくらか

会場の規模や雰囲気がよくわからない場合は会費で雰囲気を読み取ることもできるでしょう。
  • 会費 ¥3,000~¥4000 … カジュアルな雰囲気の会場
  • 会費 ¥5,000~¥7000 … セミフォーマルな雰囲気の会場
  • 会費 ¥8,000~¥10000 … フォーマルな雰囲気の会場

白い服装

二次会とはいえ、花嫁が二次会に「白」ドレスで登場する可能性を考えて、「白」の服装は避けましょう。花嫁を引き立たせるカラードレスで出席を。

露出度の高い服装

結婚披露宴と同じく「お祝いの場」には、肌の露出が高い服はふさわしくありません。露出度は控えめに、上品な服装で必ずはおり物を身に付けるようにしましょう。

デニム素材の服装、ミニスカートなどのカジュアルすぎる服装

いくらカジュアルな服装がOKとはいえ、Tシャツとジーンズの組み合わせ、タンクトップ、ミニスカートなどカジュアルな服装ととらえられますので避けてください。

素足にサンダルやミュール、ブーツでの出席

基本的に結婚式ではオープントゥは縁起が良くないものとしNGとされています。つま先まであるパンプス、ご妊娠中などでなければ少しヒールが高めのものを選びましょう。また、素足も避け、ストッキングや薄手のタイツを必ず着用しましょう。

全身黒のスタイル

黒いドレスの場合には黒ストッキングは履かないように。全身黒のスタイルは不祝儀を想像させてしまいます。
最近ではデザインの可愛いアクセサリーが多く、ブラックパールを使用したものもたくさんありますが、お葬式を連想させるブラックパールは縁起が悪いのでやめましょう。
ホワイトパールやカラーパールはOKです。

避けたいヘアアレンジ

セットなしのヘアスタイル、白系のヘアアクセサリーは避けたいものです。普段通りの髪型やショートヘアの人は「なにもセットしない」で済ませがちですがせっかくのお祝いですから、美容院でセットをする、華やかなヘアアクセサリーを飾る、などお祝いの場を意識しましょう。

One Point!

よく結婚式の招待状に「平服」という言葉を見かけます。平服=普段着と誤解されている方がいらっしゃいますが、平服とは「略礼装」という意味で、改まった場に出ても恥ずかしくない服装のことです。結婚式二次会はお祝いの席。招待していただき2人を祝福するために出席した以上、新郎・新婦のゲストとして恥ずかしくないよう常識を踏まえた服装で出席しましょう。

220km.net

220km.net